【オーストラリアへ】出発直前・持ち物チェック

いよいよ出発・オーストラリアへもっていくといいもの

服・下着・タオル・日用品…

一通りスーツケースに荷物をつめてみたけれど、出発を目前にすると、「本当にこれで大丈夫」と不安になるものです。

 

ここではオーストラリアにもっていくと便利なもの、日本で買った方が安いものなどをご紹介したいと思います。

持ってるといいもの

1.秋~冬用のルームシューズ

オーストラリアなのにいきなり防寒グッズ?と疑問い思った人もいるかもしれませんが、オーストラリアは一部の地域を除いては四季があります。

6月から8月は暦の上では「冬」。

朝の最低気温は10度以下になる都市が多いです。

そしてこたつや暖房器具をあまり使わないオーストラリアは家や部屋の中が寒いです。

具体的には、どの都市が10度以下になるかと言うと、

・ブリスベン

・ゴールドコースト

・シドニー

・メルボルン

・アデレード

・パース

など。

留学先として人気の都市のほとんどが入っていますね。

ちなみに10度以下に滅多にならない留学先は、ケアンズやダーウィン。コートや防寒グッズは必要ありません。

 

2.ライトダウン

こちらも防寒グッズですが、秋から冬にかけて寒くなるエリアは必需品です。

特に緯度が低いメルボルンでは冬だけでなく、春から夏(9月~12月)にかけてもでもダウンジャケットを着る日もあります。

3.水着

これはオーストラリアでは必需品。

もちろんオーストラリアにも水着は沢山ありますが、パットがないものが多く、価格が少々高めです。

ビーチがある都市に留学する人は、普段からTシャツの下に水着を着る機会もあると思うので、日本でプチプラ水着を何着か買っておくのもおすすめです。

↓こちらはメンズ

4.文具

ノートやファイルは日本のほうが安くて良質です。

オーストラリアにも「Officeworks」という大きな文具、オフィス用品屋がありますが、日本に比べると価格は高めです。

5.鼻毛カッター

男性の身だしなみに必需品。

いかがでしたでしょうか。

オーストラリアで持っていると便利なものをご紹介しました。

  • Yukie
  • オーストラリア専門・留学&ワーホリサポート会社
    オージースタディ代表YUKIE

    ・オーストラリア移住歴8年
    ・サポートした留学生は2000人以上