オーストラリアの服のサイズ

長期留学&生活の豆知識

長期留学をする際に、おすすめなのが日本から最低でも1週間分の服を用意しておくこと。

理由はこちら↓

ホームステイの場合、洗濯は週に1,2回のところが多いため

学生寮で自分で洗濯をするという人でも、コイン式の洗濯機を毎日使えば費用がかさみます。

ホームステイと同じように、週に1,2回の洗濯回数になるのではないかと思います。

到着後しばらくは、日本から持参した服を着る人が多いですが、

季節が変わって必要になったり、

現地の人たちのファッションをしたい!と思ったりして、

オーストラリアで服を購入する人も増えてきます。

女性のサイズ

まずは女性のサイズからご紹介します。

こちらはオーストラリアの大手衣料品店「Target(ターゲット)」の女性サイズ表です。

日本のサイズと比較すると、オーストラリアのサイズはおよそ「2サイズ大きい」と思っていただけるとわかりやすいと思います。

 

例えば、日本でSの方は、XXS(サイズ6)、日本でLの方はS(サイズ10)という感じです。

もちろんブランドによっても差はありますので、試着してからの購入をお勧めします!

男性のサイズ

男性のサイズは女性より異なるケースが多いです。

男性サイズも女性同様、2サイズくらい小さめのものを購入するとちょうど良いと思います。

 

 

例えば日本でLの場合はSサイズ、日本でMの場合はXSという感じです。

 

 

 

 

但し、男性のサイズは女性ほど細かくなく、メーカーによって幅広いので、こちらも試着してからの購入をお勧めします!

靴のサイズ

女性の靴のサイズの比較表はこちら

男性の靴のサイズの比較表はこちら

日本ではなかなか見つからない靴のサイズもオーストラリアでは揃いますので、特に足の大きい人はオーストラリアでまとめ買いをする人もいますね。

ショッピングにおすすめの時期は?

オーストラリアで大きなセール時期は2つ

1.The End of Financial Year Sale(年度末セール)

2.Boxing Day Sale(ボクシングデーセール)

オーストラリアの年度末は日本と違い毎年6月。

6月は決算月大セールとなるのです。

「クリスマスのプレゼント(BOX)を開ける」ということから名づけられたBoxing Day。

12月26日はボクシングデーのセールがあります。

なぜBoxing Dayにセールスをるようになったかは…不明です(笑)

上記以外にも小さなセールは各地で行われていますので、ショッピングモールやオンラインショップを定期的に覗いてみるといい買い物ができるかもしれませんね

コスパ重視!オーストラリアで服を買うなら?

ユニクロなど日本でもおなじみのブランドが購入できるオーストラリアですが、残念ながら多くの商品は日本よりも高めです。

オーストラリアで比較的衣料品が安いお店はこちら

・Kmart(男女・子供用有)

・BigW(男女・子供用有)

・Target(男女・子供用有)

・LOWES(主に男性服)

(Lowesのサイズはこちらをどうぞ!)

大きな都市には上記4つのお店はたいていあります。また、田舎町でもショッピングモールに行けば見つかるのではないかと思います。

衣類だけでなく、靴や日用品も安く購入できますので是非ご活用ください!

オーストラリアの服のクオリティは?

コスパの良い服が手に入る日本!

 

オーストラリアはどうかと言うと…

 

良いものは高く、安いものはそれなりということも。

 

オーストラリアにもプチプラブランドが数多くありますが、

やっぱり日本のクオリティに勝るものなし。

 

日本の服、オーストラリアの服を比較すると洗濯機で何度も洗っても長持ちするのは「日本製」。

 

 

ドライクリーニングは日本ほどコスパが良くないので、洗濯機で洗える服や下着は1週間分持参するのがおすすめです!

 

【関連ブログ】

オーストラリアで下着を買う

 

  • Yukie
  • オーストラリア専門・留学&ワーホリサポート会社
    オージースタディ代表YUKIE

    ・オーストラリア移住歴8年
    ・サポートした留学生は2000人以上