2020年 国際送金トランスファーワイズを使う

留学生におすすめ!国際送金の方法

長期留学をする際に気になるのが、

「お金の管理」

「送金方法」

安全で且つ、お得な送金方法があると便利ですよね。

今回は「トランスファーワイズ」という送金方法をご紹介したいと思います。

トランスファーワイズのメリット

・国際送金が簡単にできる

・登録から5日前後で使用ができる

・金融庁の資金移動業者に登録されている( 関東財務局長 第00040号)

銀行でもなく、両替商でもないので、どんな会社なんだろう?

と疑問に持つ人も多いかもしれません。

トランスファーワイズのウェブサイトによると、

利用者のフラストレーションから生まれた会社。TransferWise

と説明が載っています。

以下抜粋↓

「海外送金をする際の手数料は、私たちが想定しているよりも、「隠れコスト」のおかげで、時に非常に割高になります。一般的な銀行では「手数料無料」や「0%」と表示し、あたかも無料で送金が行われているようなイメージを受けますが、実際には無料ではなく、売値と買値の差(スプレッド)を徴収し、顧客が知らない間に非常に高い手数料がかかっているケースが多く見られます。

TrasnferWiseでは、このような利用者を欺くような行為はせず、両替時に本当のインターバンクのレートを利用し、手数料体系を明確にした上で極力安い手数料で送金が出来るように、日々企業努力をしています。」

とのこと。

要するに、手数料を極力かけずに海外送金をする方法だそうです。

トランスファーワイズを使ってみよう

実際にトランスファーワイズを使ってみました。

【事前に準備するもの】

・マイナンバー通知カードの「スキャンデータ」または「画像」

・パスポートの顔写真のページと最後の住所欄のページの 「スキャンデータ」または「画像」

・送金先の口座詳細

・(日本の銀行の)ネットバンキング口座を持っておく

1.トランスファーワイズに登録

https://transferwise.com/jp

ホーム画面の右上「口座を開設する」をクリック!

個人情報を入力し、「口座を開設する」をクリックする

入力したEmailアドレスに確認のメールが届くのでリンクをクリックし、アカウントにログイン!

2.送金登録と本人確認書類を送付する

「送金する」をクリック。

個人情報を登録し「次へ」をクリック

「自分自身」をクリック。

口座名義、BSB(支店コード)、口座番号を入力。

本人確認のページに切り替わりますので、スキャンデーターや画像をアプロードします。

*私の場合、iphoneでその場で撮った画像を送りましたが1時間後に審査が通りメールで通知がきました。

◎写真を撮る際のポイントは、

・カードの四つの角をできるだけ垂直(平行)に歪みなく撮影する

・文字がクリアに写るように影に気を付ける

これだけです!!

アップロードが終了しました。

続いて送金手続きにすすみます。送金の目的を入力します。

留学生の場合は、生活費、旅費や教育費(学費)などがありますので、自分の目的に合わせて選びます。

必要な情報を入力したら確認画面で確認をします。

間違えがあれば「変更する」で訂正ができます。合っていれば「確認して続行」をクリック!

続いて、トランスファーワイズへネットバンキングを利用して振り込みをします。

初回の場合、本人確認が完了するまでに数日かかりますので、その場では振り込まず本人確認が終わるまで待つことにしました。

「後で振り込む」を選んで、いったん終了!

3.住所確認の郵送物が自宅に届く

すでに海外にいる場合は家族に協力してもらう必要があります。

トランスファーワイズにログインし、郵送で届いた4桁の番号を入力し「アクティベート」をクリック。

続いて、「ダッシュボード」に戻り、保留にしていたトランスファーワイズへの振り込みを終えたら手続き完了!!

送金の進捗状況は「マイページ」で確認ができます。

おすすめ度★★★★★

留学中のお金の使用、管理には、

・クレジットカードを使う

・銀行の国際送金を利用する

など、様々な方法がありますが、このトランスファーワイズは一度登録すればとても簡単に使うことができますので、おすすめです!

トランスファーワイズホームページ

  • Yukie
  • オーストラリア専門・留学&ワーホリサポート会社
    オージースタディ代表YUKIE

    ・オーストラリア移住歴8年
    ・サポートした留学生は2000人以上